女性特有の生理によるPMSについて当サイトで説明していきたいと思います。女性にとっては生理前のPMSはとても苦痛なはずです。しかし、ピルを服用することでPMSを改善することができます。それでは詳しくご紹介していきたいと思います。

微笑んでいる女性
  • ホーム
  • パートナーにはPMSの症状が出やすいことを伝える

パートナーにはPMSの症状が出やすいことを伝える

女性には毎月生理という習慣がありますが、この生理には非常に個人差があり、普段と全く同じように過ごせる方もいれば、心身ともに、どうにもならないほど、不具合を生じてしまう方もいらっしゃいます。
大半の女性は、何かしらの不具合を抱えて過ごしていると言われており、この期間はブルーディとも揶揄されるように、体調や精神面が不安定になってしまうことが多いので、パートナーがいる方は、無用なケンカを回避するためにも、自身の症状について理解を促ようにしておくことが大切です。
最近では、生理に伴う様々な不具合が起こる、PMSについての情報共有をされているカップルも増えていますが、まだまだ女性の生理について無知な男性も多いので、パートナーとの関係を、生理という、女性に取って切り離しようのない習慣によって、壊してしまわないようにするためにも、しっかりと説明をしておくべきです。

PMSについて、女性自身もあまり良く理解されていないケースもありますが、イライラや気分の落ち込みなどが激しくなるので、性格の問題だと片づけてしまわずに、今では婦人科で治療を行い、対処法もあるので、一つの疾患としての意識で、パートナーとともに取り組んでみてはいかがでしょうか。
近しい関係のパートナーに、自身の辛い症状をきちんと理解してもらうことで、気持ちの不安定さが軽減されることもあり、結果としてイライラによる八つ当たりが減り、ケンカに発展することがなくせるようになるケースもあるので、パートナーとの関係を悪化させてしまう前に、このブルーディーの期間をどう過ごすかについて、真剣に考えるべきです。
人の関わりというものは、一度こじれてしまうと、元には戻らないこともあります。

自分にも気持ちの揺れがあるのと同じように、パートナーにも気持ちの揺れは少なからずあるものなので、常に同じ精神状態で受け止めてもらえるものではありません。
理解を求めるのは必要ですが、そこに甘えが先行していないか、真剣に自分を振り返ることも大切です。

生理前や生理中の対処法を2人で決めておこう

パートナーとの関係を悪化させず、より安定させたいと考えているなら、避妊について話し合うのと同じように、自分の生理について、理解をしてもらうように働きかけていきましょう。
体調の良い普通の日に、冷静に伝えることが大切で、PMSにより感情が高ぶった状態で伝えても、八つ当たりされているようにしか感じられません。
自身の生理周期、生理の症状、生理痛の有無、程度、について伝え、その間はどう過ごすのが一番楽になるのか、自身の経験をもとに対処法を伝え、個人差が大きいものだという事についても理解を促しましょう。
このような情報共有をすることで、コントロール不可能な時期を、できるだけ穏やかに過ごせるようになるので、男性には理解できないと諦めてしまわずに、根気よく伝えることが大切です。

どんなに大好きなパートナーであっても、生理期間は、触れられることに対して嫌悪感を抱いてしまう女性もいらっしゃいます。
こういったことを、ダイレクトに伝える必要はありませんが、少しオブラートに包んで、構われない方が楽に過ごせると伝えておけば、衝突もなくなり、ケンカに発展しません。
喜怒哀楽の起伏が激しくなってしまうタイプの女性ならば、なおさら、ブルーディには少し距離をおいたほうが良い場合も多く、カップル間で嫌な思い出を蓄積させないことにもつながります。
自分で自分の感情をコントロールできない期間には、できるだけ他人との接触を避けるようにする方が賢明なので、その理由をきちんと説明しておくことが大切なのです。
とは言え、自分にはない特性を、相手に理解してもらうことになるので、謙虚な気持ちを忘れずに、理解してくれて当然とおごらず、普段の日には思いやりの心で接することが、二人の関係を強固なものにする秘訣です。